教室で使用しているレゴ®ブロック紹介

当教室について

当教室は各務原市で始めて、レゴ社とMITが開発した、教育用レゴブロックを使って「学び」ながら「遊ぶ」そして「自ら考える力」「問題を解決する力」を育てる画期的な学習方法を実施しています 。

 

STEM教育

  • 『STEM(ステム)』(=Science 科学、Technology テクノロジー、Engineering 工学、Mathematics 数学)の分野に触れながら、『言語力』(適切な言葉で話し、表現する力)向上の視点を加え、「自ら問題を発見し、解決する力」を育む事は重要です。それを幼い頃から遊びの中で自然に見つけ出す事が出来たらそれは理想の形ではないでしょうか。”答え”は『教える』のではなく『自分で考える』当教室では子ども達の能力開発の実現の為に、様々な学習支援プログラムを提供しています。

SCCIP教育とは

世界的に有名なレゴ®ブロックの教育用に開発された教材を中心に、 マサチューセッツ工科大学のメディアラボ、 タフツ大学のCEEO(Center of Educational Engineering Outreach) で開発された新世代のテクノロジーを使った多種多様なテーマやプロジェクトを ハンズオンによるモノ作りを通して自発的に物事に取り組む姿勢や 積極的に学ぶ姿勢を育成するのがSCCIP(スキップ)教室です。

当センターはLEGO Education社のブロック教材を使用した「SCCIP(スキップ)」のメンバーシップ教室です。講師は、SCCIP教育の研修を受講しています。

お知らせ

2019年08月09日
プログラミング授業の様子
2019年07月27日
そろばん教室9月生生徒募集中
2019年07月27日
ジュニアプログラミング検定
2019年06月08日
親子で楽しむ「絵本/紙芝居」の読み聞かせ会
2019年05月23日
そろばん教室がスタート
» 続きを読む