プログラミング教室(対象は小学生以上~)

当教室では有料(2000円)の体験教室を随時実施しています。希望者の方はお問い合わせホームからお申し込みをお願い致します。体験教室は木曜日から土曜日に実施しています。体験のお時間はお申し込みの際に調整させて頂きます。

SCRATCH2.0

スクラッチは、パソコンを使って自分でゲームやアニメ、 数学・物理の計算・実験・映画・物語・音楽がプログラミングによって簡単に制作できる マサチューセッツ工科大学のメディアラボで開発されたものです。
スクラッチのプログラムは日本語で表示された命令のアイコンを ドロップして接続するという簡単な操作で出来ます。

当教室は各クラス4人までの少人数制をとっており、無学年生ですので個人の進捗に合わせて授業を行っていますので、わかるのに他のお子さんと同じ授業でつまらないとか、わからないのに授業が進んでわからない子も安心して学べます。

毎回授業の初めに5分程のタイピング練習を実施します。生徒さんの習熟度に合わせた当教室オリジナルのタイピングソフトを使っての練習になります。ローマ字自然と身について行くので、生徒さんからも喜ばれています。

ジュニアプログラミングの習熟が進むと、AIで使われているPYTHON言語の基礎を学習する事が出来ます。
プロのプログラミングと同様、英語記述になりますので、今後に役立つこと間違いなし!

テキストを見て真似るだけじゃ無い、自分で作れる技術と思考力を身につける授業を心がけています。

PYTHON

SCRATCH2.0で、ジュニアプログラミング検定の概ね1級レベルのお子さんを対象に、PYTHONの基本を学習します。

ジュニアプログラミング検定実施

当教室では、自分のレベルの確認のために、希望者のみサーティファイのジュニアプログラミング検定を実施しています。

希望者の方には試験対策も含めてご指導しています。

また当教室はサーティファイの検定会場です。

プログラミングを学習すると何が身につくのでしょうか?

1. プログラミング力   
プログラミング力とは何を指しているのでしょうか?  
一般的には「プログラミング力」とは「プログラムを作成する能力」を指すと思われがちですが、それだけではありません。  
プログラミングの概念や原理原則、構造を学習する事で、プログラミング力を伸ばす素となる思考力を身に付ける事ができます。  
これらを総合したものが「プログラミング力」と言えます。  
将来プログラマーになるつもりがなくても、ITとビジネスは密接な関係があります。  
つまり、プログラミング言語を知らなくても、プログラミングに対する知見が深ければ社会人になった時、あらゆる職場で活躍できるはずです。そういう意味で広義の「プログラミング力」を身につけておくのは、とても大切なことと言えます。

2.論理思考能力 
プログラムを作成するためには、論理的に考える力が必要不可欠です。例えば、どういった処理をさせたいのかを考え、その考えを具体化し、そのために必要な処理を一つ一つ積み上げなければいけません。
その際、条件分岐や繰り返しなども考慮し、処理に漏れや重複がないよう配慮する必要もあります。  
その一連の処理の学習経験を積むことで、社会でも通用するような論理思考能力を養成することができます。  
プログラミング以外の学習や社会人になった時に、目的を明確化し、その目的を達成するためのプロセスを、漏れなく重複なく網羅できる能力は、必要且つ求められる人材育成に有効です。

3.問題解決能力 
プログラミングには、バグ(隠れた不具合)がつきものです。
意図したとおりに機能しなかったり、原因がすぐには分からなかったりと、エラーが発生しては進捗を否応なくストップさせられるような事態は度々起こります。  
こうしたトラブルにも、自分で考えて試行錯誤し、原因と対応策を突き止めることは子どもたちにとって貴重な経験であり生きる力が身につくと考えます。

4.自発的な学習能力  
プログラミングは、教室で基本を教えてもらえれば、それをきっかけに自発的に、自宅でも行え、遊びながら学ぶようになるでしょう。  
それはプログラミングだけではなく、算数や理科、社会など他の教科にも広がる力と思います。
  
5.創造力と自己実現能力  
プログラミングは、頭に描いたものを簡単に実現できるポテンシャルを秘めています。  
思い浮かんだアイディアを形にできるのがプログラミングの力なのです。  
出来ることが増えれば、必然的に創作の広がりも出てきます。  
プログラミング教育は創造力と自己実現能力をセットで伸ばしてくれます。